ヨシキ【狂愛】

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 812859

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

アンティ・マジック【ロブラブ 31話】

カテゴリ:ロード オブ ヴァーミリオン IV












(喫茶酒場TE・O)

テオ「断る!」




ヨシキ(私)「あのねぇ、俺に対してマジになると後悔しかないって・・・。それに俺自身も2次元に本気ってわけでもないし・・・・」


テオ「だから、あたしの気持ちを捨てろと?」

ヨ「そう。報われない恋なんて悲しいだけだろう」

テオ「あたしはお前の『夢』も知っているし、理解しているつもりだ。そりゃああたしは2次元の存在だからその夢の助けにもなれない」

ヨ「わかっているじゃん」



テ「だが断る!」




ヨ「デスヨネー」

テ「2次元の存在でもお前の夢が叶うまでいてやれるだろ。だから断る」

ヨ「これ以上、話合いでの説得は無理かな」

テ「無理。わからせたけりゃ力づくでこい」

ヨ「どうやってだよ(;´・ω・)」





テ「たく急になんだよ。喜ぶと思って胸を褐色にしたのに・・・」

ヨ「確かに嬉しいが、こんなオレのためにそこまでしなくてもっていうか・・・」




テ「なら言わせてもらうが・・・・・・『こんな』お前でも拾ってくれる女はいんのか!?





ヨ「(#^ω^)ブチッ」


テ「あ・・・言い過ぎた。ごめん、本当はそんなこと思ってないから・・・その・・・」




ヨ「おい、決闘(デュエル)しろよ」














(アヴァール家デュエルスタジアム)

ニド「ここはMTGを筆頭に数多くのカードゲームがソリットビジョンで楽しめるようになっている。今年はこれで売れると父も言っていたが例のスペゴジでおじゃんになった」

テオ「お、おう」

ニド「だがソリットビジョンのロマンが忘れられずに俺やリシアの友人などが限定になるが使用しても良い許可がでてる。今回はMTGだな。ただMTGのカードは種類が多すぎることもあり今のMTGアリーナのヒストリックまでのデータしかインプットでてきていない」

ヨ「俺もテオちゃんもアリーナでそのフォーマットは把握している」

ニド「いいだろう。それじゃあ両者はそれぞれ別の部屋でデッキを組んで戻ってきてくれ」










デッキ製作中






ヨ「ニド、できた」

ニ「1時間半・・・・長いと言いたいがテオの方がまだだ。ジュースや軽食があるからゆっくりしておくといい」




さらに3時間後



テ「できた・・・・・って・・・ん?」



ヨ「ニド、このチキンカツ食うか?」

ニ「ありがたい」



テ「ば・・・晩飯くってる」










ニ「さて晩飯も終えたし、改めて今回のルールを確認しよう。今回のデュエルはアンティルールが入る。その名の通り「賭け」のデュエルになる。お互い賭けるモノを宣誓してほしい」



ヨ「テオに対する反論的な言動。テオにすることに対する俺の反対意見」


テ「よーくんに対するあたしの気持ち」


ニ「両者、異論はないか?」

ヨ「ない」

テ「あるにはあるが・・・・ない」

ニ「うーん・・・。まぁ良い、お互い自分のデッキをカット&シャッフル。デッキ枚数の確認もしてくれ」




カット&シャッフル中




ニ「両者、ステージへ」



ヨ「テオ、これで諦めてもらう」

テ「絶対勝つ・・・・。あたしのカードたち、お前たちにあたしの気持ち・・・預けた」




ニド「マジック・ザ・ギャザリング。アンティデュエル









                   開始!」







ヨシキVSテオ「決闘(デュエル)!」
発信先の SNS
twitter
facebook

2020.09.27 21:16

健康第一の羅山さん  【紙装】たいらんさん 

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

ヨシキ【狂愛】

812859

0944/e31796f5d30bd317294077bc510ddbfc.jpg