ヨシキ【狂愛】

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 812859

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

今日はバレンタイン R指定【ロブラブ R話】

カテゴリ:ロード オブ ヴァーミリオン IV

(喫茶酒場TE・O)本日の営業終了後  

テオ「いやー、今日もたいへんだった。カップルばっかりまた来てた気がする」

ヨシキ「バレンタインだからなー・・・・・」

テ「よーくんだって結構もらったんじゃないか?モテそうだし」

ヨ「いや、1個ももらってない。どしてそう思った」

テ「可愛いから!」

ヨ「よく言われるが26年生きてあまりもらった記憶ない」

テ「またまた」


ヨ「もらえるわけないじゃん。無職だし、障害持ちだし、無能だし!

テ「・・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ」

ヨ「そんな泣きそうな顔すんなって、もう慣れた・・・いや感覚麻痺したからさ」





テ「あのさ、コレみてくれ」

ヨ「ん?溶かしたミルクチョコレート?」

テ「結構余ってるんだ」

ヨ「ほうほう、じゃあ硬める?」

テ「ちょっと風呂こいよ」

ヨ「?」





(風呂場)

ヨ「えーと・・・・お湯を入れてっと・・・・・。あー、テオちゃんなんで風呂場にその溶けたチョコのボールもってきてんの?」


テ「・・・・・」つー←デカぱいの谷間に溶けたチョコを流している

ヨ「え?ちょっ!?」


テ「おいで・・・今日はミルクチョコの日だぞ」


ヨ「ホガア( ゚Д゚)!?」





数時間後


テ「よしよし、良い子でちゅねー」

ヨ「zzzzzzスゥ・・・zzzzzzスゥzzzz」

テ「安心したかな?」

ヨ「zzzんん・・・・」

ぎゅーーーー

テ「フフ、おっぱいから離れたくないのか?よしよし甘えん坊だな。あたしは嬉しいよ」




ヨ「zzzzzzz」









それはバレンタインの一つの夢
発信先の SNS
twitter
facebook

2020.02.14 17:58

【紙装】たいらんさん 

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

ヨシキ【狂愛】

812859

0944/e31796f5d30bd317294077bc510ddbfc.jpg