宮野蹴鞠

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 3214656

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

星ドラマルチが楽しくなくなった理由と改善案(DQMSL比較+コラボ要求)

カテゴリ:星のドラゴンクエスト

星ドラのメインコンテンツは、間違いなくマルチプレイだろう。
問題提起したいのは、マルチプレイが「かったるい」上に「周回要求数が多い」事だ。


ソロではクリア困難なクエストを、食べ物を持ち寄って(ソロだと1個しか使えないが、4人分の効果が重なる)、
装備で耐性を充実させ、ボスの弱点を突く攻撃スキル、補助を分担してクリアするのがエンドコンテンツと言える。

最新のギガ伝説級<魔王級<大魔王級は、ガチ勢でも全滅することがあり、エンジョイ勢では、なかなか手が出ないが、
古い魔王級であれば、インフレ装備でのゴリ押しも可能なので、難易度が下がったものであれば挑戦できるだろう。
やりこみ要素として、100回討伐するとバッジがもらえる程度ならば、目標設定としても問題ない。

が‥‥、超級職ミッションはダメだ。
職業9種xギガ伝級20回x2種類=360周。

これをクリアする事で、性能アップに繋がる
1ポイントx2なので大きな差ではなく、エンジョイ勢は無理する程でもないが、ガチ勢の仲間入りをするなら登竜門?


イベント地図のお題に付き物のマルチプレイ。
そして、毎月〇旬(1日・11日・21日更新)では、伝説級をクリアするまでに合計31回。
これが、苦痛となってきており、10日で31回が、僕のマルチプレイ回数の目標であり、それ以上やりたくないのが現状である。


初クリアまでは楽しいマルチプレイが、周回するのは苦行な理由と改善案は‥‥

1.演出が長い→一度見た演出をカットできるオプション設定!

星ドラは、演出の一部はカットできるが、完全カット不能。
台詞・カットイン・スキルの演出‥‥凝ってるのが良いと思うのは最初だけ。
毎回みせられればウンザリする。

そして「いきなり〇〇系のバフ特性」の演出が全員分終わるまで、ターン開始されないのも悲惨。

DQMSLでは「演出カット+ターン開始時のメッセージ省略」オプションをチェックしてるプレイヤーが多い。
マルチでは、参加者の誰かが演出オンだったり、メッセージ速度が遅いと「全員が同期するまで待たされる」仕様が不評だった。

改善策として、演出はリーダー準拠となり、ゲストの設定を無視して、自動的に同期されるようになった。
リーダーが演出オンでも、オフのプレイヤーも演出を見る事になるので「待たされてる」という感覚も薄れた。


2.プレイ速度が遅い→リーダーがパス購入者であれば、マルチ3倍速の解禁!
3.プレイヤーが操作しない棒立ち迷惑!→オートの解禁+回線落ちプレイヤーのオート移行!
4.星ドラ起動時・再起動時には、等速+手動が標準なため、最初にチェックを入れる作業が必要
→自動的に最大倍速+オートにチェックが入った状態でのクエスト開始!
(プレイヤーが操作したい時だけ解除する方が合理的)

クエストに入ってから操作可能になる前に放置(電話などのリアル事情・単純に忘れる)してしまうと、棒立ちになってしまう。
特に、モンスター闘技場で3倍速にした後のソロだと、3倍速の棒立ちという最悪の状態になる。

マルチプレイが苦痛になった最大の理由がコレだろう。
星パス購入者の僕にとって、ソロ3倍速オートがメインコンテンツと化した。
2倍速制限+操作要求されるマルチは、1回なら楽しめても、周回は苦行でしかない。

DQMSLでは、メッセージ速度2.5倍(解読不能)をオプション設定できる。
開発会社が違う為か、ドラクエアプリは、良い所を取り入れる柔軟性が無い。
技術の秘匿に関わる競争も必要かと思うが、快適なプレイの為にも「自社コラボイベントを実施」して、高め合ってほしい。

星ドラからは、モガマルやSFチックなボス魔王を提供し、
DQMSLからは、魔童子(ナンバリングボスをモチーフにしたストーリーテラー)の提供すれば、相乗効果も得られるのではないだろうか。

2020.05.22 16:22

nanachsnさん 

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

宮野蹴鞠

3214656

3345/99f16b86fe3e24ad283ec6e8eaed15f3.jpg