Saberhagen

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 273775

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

「ブルーライトカットレンズなんて意味ない。
だいたい、長時間PCやスマホの画面を見続けるのなら…
レンズの有無とか、ブルーライトカットかどうかに依らず、
目にいいわけがない。
…一日8時間、モニターを見続けるという
プログラマーだったら、話は違うけど…」
と、「敢えて」ブルーライトカット加工を
勧めてこなかった眼鏡屋の店主を知っている…
「ブルーライトカット加工なんてのは、
量販店が、客単価を上げるために
考え出した「詐欺」みたいな
「ぼったくり」だ」とも…

信じるか信じないかはあなた次第

まあ、こういう話を知ってはいながら、
「ルティーナ」というメガネレンズを
選ぶことはあるんですがね。

さて、今回書いてみたいのは
「メガネレンズ」

ZoffのFFⅦRモデルに
度付きレンズをセットする場合、
※度付きPCレンズへの交換はZoff店舗にて
6,000円(税別)から承っております。
※度付き標準レンズへの交換はZoff店舗にて
3,000円(税別)から承っております。
…標準レンズが、3000円なんですね?
だとしたら…
安い。

世の中には、
「安物買いの銭失い」
という言葉がある。
「視力を矯正するレンズを
顔に固定するフレームの品質とデザイン」
が重要なのは言うまでもないですが、
「視力を矯正する物体であり、
眼鏡の根幹であるレンズ」
メガネを
「視力矯正器具>アクセサリー」
と捉える人なら、
やはり、e-storeで購入したフレームに、
「5000円くらいのレンズ」
をセットするのが良いような気はするんですよね。
だいたい、店頭で注文したレンズが30分で用意されるなんて、どう考えても不自然だとは思わないか?
(「思わない」という人もいるでしょうけれど、
このまま続けます)
レンズを加工しようとするなら、
「その人の視力」と
「フレームの形状」
「レンズのカタチ」
「いわゆる「ブリッジ」の長さ」
「鼻あてのサイズなどから…目とレンズの距離」
その他、いろんな要素を基に、計算した上で、加工するべきところ、そんな面倒な事が「30分」でできるものなのか?
(店頭で注文を受けた後…必要なデータをレンズ工場に送り…専門の加工業者がレンズをつくり、それを送り届けるのに1週間、というのも、もう少し短縮できるような気がしないでもないけれど)
というわけで、「最短30分でお渡し」を
まったく信用してない(個人の感想です)

…と、フレームとかレンズとかについて
あんまりグダグタ書き続けたところで
誰もコレを参考にしたりしないだろうから、
「無駄」にはちがいない

2020.03.24 02:12

peterさん  kirie-cosmosさん  宗志_さん 

コメント:1件

最大400文字

コメントする

Saberhagen
登録日:2020.03.24 16:13

「レンズ交換が1万円」これも、ふっかけてきている可能性がある。「超薄型」といって、薄いレンズをつくるための素材で「超薄型のレンズ」をつくると、だいたい、それくらいの値段で、「超薄型レンズが1万円」これ自体は、問題じゃない。問題なのは「標準のレンズの素材(5000円)」でも問題なく仕上げられるのに、「敢えて」超薄型にこだわる必要がなさそう、だということ。 フレームの形状的に、度数を強くしようとすると、厚みは出るはず…なんだけれど、それほど視力が悪くないのなら、「レンズの性能的には、一番高性能らしい「標準」」を選んだほうがいいらしい(補足:超薄型レンズは…特殊素材の欠点として「重い」「歪みが発生する」「高額」) まあ、このあたりは、眼鏡に関する情報を、他所で調べたほうが確実。

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

Saberhagen

273775

0398/bcb56c5bf89c3985f8b26da8ef06d023.jpg