Saberhagen

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 273775

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

うーん…
(ウイルスが 世界やキャラを消し去っていく展開自体は否定しないとして
問題は「どうやってドラクエ的解決を図るか?」
映画では その手段として「ロトの剣型ワクチン」なんてものを唐突に出したから
非難殺到したんだろうとも思うんですよね
「ロトの剣なんて 全然 「天空の花嫁」ぽくない」
「御都合主義にも程があるだろう」
「ウイルス感染とかワクチンで駆除とか そういうのはバックグラウンドでやってくれ!」
「ウイルスが世界を壊していくのを ワクチンがいかにしてラストまで維持できたのか?
という ワクチンの働きをこそ見せてたら あるいは…(明らかに言動がおかしい人物にスライムが体当たり → そいつは しょうきに もどる!みたいな…?)」
うーん…


というところまで考えていた時に
唐突に思いついたのが
多分 映画に込められてたメッセージ?
(ネタバレしかしらないので
見当違いかもしれない)


しかし ドラクエⅤのキャラも世界もプログラムだと
その正体を明らかにされたわけだけど
ホラ "我々"も "世界"も
すべてはのっぺらぼうである
じゃなくて「所詮は原子とか元素の集合体に過ぎない」
「原子や元素の集合こそが世界の真実」を「ゲームはプログラムでできている」
と置き換えた結果がすなわち「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」
世界はプログラムだと知った主人公は
「大人になれ」とも言われたが
それに屈することなく
ロトの剣を手に入れたのだ
というわけで「ラストシーンで、ロトの剣を振るう戦士のように 戦え
君を、生きろ
たとえお前が元素のかたまりにすぎないのだとしても
だからといって「死ぬな」

…というのが おそらく 映画に込められた
真のメッセージだったのだろう

ドラクエを媒介に
生きる意志を持て!と言ってきているのだから
「余計なお世話」と感じた観客もいたわけだ

…というこの説の不備はふたつ
「現実の世界に ロトの剣に相当するものはあるのか?」
「作中の「大人になれ」 これを意訳すると?」
コレがわからない

2019.08.14 01:42

  • コメント2 件
  • いいね!0 件

コメント:2件

最大400文字

コメントする

Saberhagen
登録日:2019.08.14 01:58

この仮説でいくと「ドラクエⅤを原案にする必要はなかった… しかし なにかしらRPG作品を原案にして映画にする必要はあった」 DQ1はあまりにストーリーがシンプルすぎるし 大抵の作品が「剣と魔法の冒険」 9は天使が主人公だし 6は 夢の世界がどうのこうので Ⅴ以上に難しそう 4は 登場人物のうちの誰か一人を描くだけで長編になりかねない … そんな中「結婚」は現実でも重大な問題だし 「もし親がひどいめにあわされたら?」とか「わけあって離ればなれになった子たちとの再会」なんかは 現実にありえる話だし… それで「家族の話」でもあるDQⅤが選ばれたのかもしれない(でなければ「 新作の宣伝のためにと 10 11が映画化」だろうし しかし これらを原案に映画できるか?考えた監督には 「原作の副読本みたいなの」しか思いつかなかったのかもしれない…

Saberhagen
登録日:2019.08.14 01:48

「大人になれ 歳をとれ… あわよくば 老衰で 死ぬがいい! なにしろ 生きることは苦しみ。 死ぬことこそが幸せなのだ」という ロードコープス的発想で 「死ね」「嫌だ」じゃ あんまりにも露骨すぎるから「大人になれ」「ゲームも大切な経験だ」ということになったのかなァ? まあ、そんなわけないか。 「大人になれ」これはもう少し考えてみたいところ(映画見たら この謎氷解するのだろうか? するのだとしても 今 ちょっと 立て込んでてそれどころしゃないんだけれども…)

 
©2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

Saberhagen

273775

0398/bcb56c5bf89c3985f8b26da8ef06d023.jpg