【紙装】たいらん

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1862187

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

【第6章ー1】紅蓮温泉郷湯けむり紀行

カテゴリ:ロード オブ ヴァーミリオン IV

【LoV4短編】

LoV4あほ話~紅蓮温泉郷湯けむり紀行

(第6章ー1)



----------


【露天:温泉湖…ビーチ中央】


(白木優羽莉の場合)




(水泳勝負中の晴と晶)

(ゴールの砂浜まであと25メートル)


晴「(やや先行)また俺の勝ちだな♪」

晶「そうは行かないよ!(追い上げる)」




ヒグー「ヒーッヒッヒッヒッ!他愛ないのう♪」

優羽莉『(ダメージ)うっ…。』

マリエ「(ダメージ)なんて強さだ…。」

ヒグー「たわけ者共め、この私に勝てると思ってお…(ぼむん♪)」



晴「(水泳中)…ぅお……、こ、この弾力、そしてこの質感は……(スリスリ)」



晴「(*´∀`)御SiーーRiーー!♪」


ヒグー「いやん♪(はあと)」

晴「Σ(T□||||!!うああああああああ!!(スーパークリティカル→撃沈)」


優羽莉『今です!』

マリエ「了解だ!」

(ヒグーに襲いかかるイタチ兄弟とプルートー!)

ヒグー「あきゃああっ!(障壁で防ぐも弾かれる!)」

マリエ「観念しておとなしく捕まれ。」

晶「なに?どうしたんですか?」

マリエ「敵よ。」

晶「わかりました!(血晶化)」

ヒグー「また増えおって、こりゃやってられんわ…。(仄い炎で陣を作って退却)」

晶「あ、逃げた!」

優羽莉『…。』

マリエ「くっ、仕方ない。(優羽莉を見る)協力感謝する。」

優羽莉『いえ。』

マリエ「本来なら署まで同行願っていろいろ聞きたいところだが、」

晶「えっ?黒髪さん、帰っちゃうんですか?」

マリエ「あいにく今日は非番なんだ。」

優羽莉『…そう。』

晶「(ほっ)」

優羽莉『…水上君、そろそろ引き上げないと危なくない?』

(沈んでる晴)

晶「あー、大丈夫です。こいつまだまだ息が続きますので。」

優羽莉『そう。』

晶「ほら、晴!いつまで沈んでんだ、起きろ!(足で揺さぶる)」

マリエ「まったく、お前達は(苦笑)」

優羽莉『…。(緩笑)』





(第6章ー1、おしまい)

2020.01.13 22:17

ジョー,Mさん  ブッコミKさん  サイキ@空我独尊さん 

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

【紙装】たいらん

1862187

1993/ca73d24f2398793d1ed094ad7de58cad.jpg