【紙装】たいらん

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1862187

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

【第5章ー2】紅蓮温泉郷湯けむり紀行

カテゴリ:ロード オブ ヴァーミリオン IV

【LoV4短編】

LoV4あほ話~紅蓮温泉郷湯けむり紀行

(第5章ー2)


----------


【露天:温泉湖…白の灯台の麓】


(原吹晶の場合)



(白の灯台への桟橋を歩いているチユと小梅)


小梅「おぉ、なかなかのロケーションだな。」

チユ「うん、チユもお気に入りなの。」

小梅「そっか♪」

チユ「コウメちゃん、次はジェットスライダーに行こう。」

小梅「おっ、いいぜ。面白そうだな♪」



(泳いでくる水上晴、原吹晶)

(ほぼ同時に桟橋にタッチ)



晴「はっはっはっ♪俺様の勝ちだな♪」

晶『いや、私の勝ちだよ!』

晴「んなわけねえだろ!(笑)」

晶『咲山さん!私の勝ちだよね?』

小梅「んあ?同時だったんじゃねぇか?」

チユ「コンマ03秒、水上君が速かったわ。」

晴「だろ?さっすがよく見てるなお嬢ちゃん♪」

チユ「チユ、正確だから♪」

晶『う~っ、晴、スタートでズルしたからだろ!』

晴「してねぇよ、お前が勝手に遅れたんだろうが(笑)」

晶『ズルはズルだ、私は負けてないから!』

晴「だったらもう一回やるか?(笑)」

晶『もちろん!』

晴「じゃあさっきのスタートの砂浜までな。」

晶『いいよ。』

小梅「よっし、じゃあ小梅さんがスタートの合図してやるよ。よーい、…」

チユ「ドン♪」



(泳いでいく晴と晶)



小梅「…たく、世話がやけるぜあいつらも(笑)」

チユ「…そうね。でも小梅、楽しそう。」

小梅「そうか?。…お前といるからかな(笑)」

チユ「…うん、チユもコウメちゃんといると楽しい♪」





(第5章ー2、おしまい)

2020.01.09 22:12

  • コメント0 件
  • いいね!0 件

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

【紙装】たいらん

1862187

1993/ca73d24f2398793d1ed094ad7de58cad.jpg