FFXV開発チーム

About this blog

ファイナルファンタジーXV
開発・宣伝スタッフによる
公式ブログです。
不定期で更新します。

全ての質問にはお答え出来ませんが
いただいたコメントは
全て目を通しております!

本ブログへコメント・いいねを
するにはスクエニ メンバーズ
のログインが必要です。
また、ともだち登録をすると
自身のマイページへ
更新のお知らせが届きます。

About this blog

About this blog

  • フォーラム過去ログ
  • 公式twitter @FFXVJP
  • 公式instagram ffxvofficial

記事詳細

第一回 テクニカルアーティスト岩渕によるSIGGRAPH の紹介

カテゴリ:FFXV開発スタッフによる記事




 

こんにちは、テクノロジー推進部 シニアテクニカルアーティストの岩渕 栄太郎です。
今回はSIGGRAPHについてご紹介したいと思います。



私たちには実は去年から計画していたことがあります。
FFXVチームの技術アピールとして外部発表のゴールを探していたのです。
いくつか候補のある中、最高峰を目指すという点でSIGGRAPHというゴールを選びました。
まず、去年視察として私たちのメンバーがSIGGRAPHを訪れ、何をどうすればFFXVチームの技術アピールを出来るかを考え、SIGGRAPHをFFXVで席巻することを目標と位置付けて、取り組んできました。
当初は2~3か年計画で進める予定でしたが、わずか1年しかたっていない今年のSIGGRAPHで私達FFXVチームが発表する機会を手に入れる事が出来ました!!!


といっても多くの方はSIGGRAPHについて知らないと思うので今日から2回に分けて説明します。


□SIGGRAPHとは?
 
まず、読み方からですが、「SIGGRAPH」は「シーグラフ」と読みます。

SIGGRAPHとは「Computer Graphicsの国際学会」です。名前の由来は
Special Interest Group on GRAPHics and Interactive Techniques」
の文字をとっています。

今年のSIGGRAPHは7月24日~28日間に行われ、アメリカのアナハイムで開催されます。
まだ、「?」が浮かんでいそうですね。

なじみのない人にはまず「学会とは?」という所から説明した方がよいと思うので、そこから始めさせてください。



□学会とは?

学会という言葉は聞いたことがある方も多いともいます。
学会で何が行われているかというと、大学の教授や若い研究者達が自身の研究を論文にまとめて発表する場所になっています。
また、学会の趣旨によってはそこで議論をするような学会もあります。

学会で発表するためには、当然ながら価値のある研究をして、それを学会のフォーマットに合わせた論文にまとめ、査読という審査を通って採択された場合のみ、発表することができます。
当然、投稿数が多い学会は査読も厳しくなり採択される可能性も低くなります。
また、査読のない学会もありますが、論文の価値は低くなります。

国内の学会だと言語は日本語でかつ日本の大学や研究機関の論文が多いですが、国際学会だと当然言語は英語で全世界の名だたる大学や、研究機関からの論文と争って勝たないと採択されません。


□ふたたびSIGGRAPH

さて、SIGGRAPHの話にもどりますと、SIGGRAPHは40年以上続いていて、毎年アメリカで開催されています。開催地はロス、バンクーバーなど年ごとに違っていて、ロスで開催されることが多いですが、今年はアナハイムで開催されます。

ここで、SIGGRAPHでは毎年発表の前にその年に発表される内容を簡単に説明したトレーラーがあるので見てみましょう。
SIGGRAPH 2016 – Technical Papers Trailer


SIGGRAPH 2015 - Technical Papers Trailer




「えっこんなことできるの?」って思いませんでしたか?




SIGGRAPHは映像に関わる最先端の研究が発表されています。学会の格付けとしては文句なしのAAA。業界の最高峰に位置付けられています。論文の投稿数も最も多く、採択数という観点からみてもここで発表するということはとても難しいことになっています。
軽く過去の発表者も紹介すると、


・Disney
・Pixar
・ILM(Industrial Light & Magic スターウォーズ等の会社)
・MIT(マサチューセッツ工科大学)




そうそうたる面子です。間違いなく最先端で実際に使われている技術がこの学会に集まっています。
もし発表できるとすれば、それはComputer Graphicsに関わる私達にとってはとても名誉であり、SIGGRAPHで発表することが多くの研究者の目標になっています。



□採択

我々が採択されたのは以下の、ELECTRONIC THEATER、REAL-TIME LIVE!、TALK 5本です。

ELECTRONIC THEATER
・The Universe of Final Fantasy XV


REAL-TIME LIVE!
・Real-Time Technologies of FINAL FANTASY XV Battles


TALK
・Final Fantasy XV: Pulse and Traction of Characters
・Rendering Techniques of Final Fantasy XV
・Visual Effects of Final Fantasy XV: Concept, Environment, and Implementation
・Character Workflow of Final Fantasy XV
・Environment Workflow of Final Fantasy XV



今まで説明してきたようにSIGGRAPHで採択されるということはとてもハードルが高く、一つの採択を得ることだけでもとても難しいことです。その中でこの数の投稿が採択されるということは、とてつもない快挙を成し遂げたことになります。
我々は以前から挑戦者としてFFXVの開発に取り組んできました。その挑戦の積み重ねが今回のSIGGRAPHで大量に採択されるということにつながりました!

学会で発表するということはその業界に学術的に貢献することになります。
この機会を最大限に活かしてFFXVの技術や取り組みの姿を伝えていきたいと思っています。

次回は詳細なSIGGRAPHをお伝えしたいと思います。


岩渕


SIGGRAPH 2016公式サイト(英語)




発信先の SNS
twitter
facebook

2016.07.20 12:10

トカゲの尻尾さん  komedaさん  Kume856さん  ほか35人がいいね!

コメント:9件

最大400文字

コメントする

ゲーム攻略マン
登録日:2016.07.22 08:55

シーグラフでFF15の技術をアピールして席巻したかったのは分かった。内容からするとリアルタイムバトル全般の技術が認められたのかな。 一つ分からないのが技術をアピールすることで、仮に認められると結局どうなるんですか? 技術屋さんとしては最先端の場・シーグラフで発表できることは誉高き名誉であるとは思いますが、業界に学術的貢献をすると一体何が変わるものなんでしょうか。業界内での注目度上げですか?それがFF15の注目度に繋がるのは、まあまあ理解できますが…

みかん
登録日:2016.07.22 08:14

SIGGRAPH採択、おめでとうございます!! すごい!!!映像の最先端、高等技術に採択されたんですね! もう難しくてそれくらいしか理解できませんが、最高裁レベルの映像と認められた、ということ…かなと解釈しました!! やっぱりXVはとっても凄いんだなあ、と改めて思いました…!

Nyx_0709
登録日:2016.07.21 20:42

この話ではないのですが、質問です。 現在FF15本編ではダスカの時にあったノクトの「ジャンプ」や「ヘヴィスラスト」といったアビリティは無くなったのでしょうか?仲間のアビリティは新たに追加されましたが・・・

十六夜【D・D】
登録日:2016.07.21 19:04

SIGGRAPHでの席巻おめでとうございます!!内容が高等技術的すぎて(私的に)凄い!!としか言いようがありません(笑) 応援しております、頑張ってくださいませ(*´ω`*)モフモフ 次回も楽しみに待っておりますww

ツムリ
登録日:2016.07.21 07:46

SIGGRAPHと言えば過去にFF6の3D映像を出典したことありましたね あれ見たとき凄くワクワクしたのを思い出しました

zacknoct
登録日:2016.07.20 16:18

開発で養われた技術はとんでもないレベルに達してしまったようですね‼これからも自信を持ってクオリティーに磨きをかけてくださいね‼次回の記事も期待しています‼

Quelle
登録日:2016.07.20 16:14

SIGGRAPHの日程が出た時からカレンダーに登録して続報を待ってました!今回はFF15関連が多くてとても驚きました。まさかブログで取り上げてくれるとは・・・! 生配信や後日動画の公開はあるんでしょうか? 去年は4gamerでSIGGRAPH ASIAのFF15記事が上がりましたが今回FF15のセッションは全て記事になるのか気になります。 公式ブログでも簡単な内容紹介記事があるなら嬉しいです! 来月のCEDECの記事も期待してます~

カルチョス
登録日:2016.07.20 14:36

Wow! It's amazing!! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ SIGGRAPHでの採択おめでとうございま〜す!(≧∇≦) 個人的にはFFXVの流体の表現がとても気になっております!2013年のTGSトレーラーではテネブラエでノクト一行がリヴァイアサンとニフルハイム兵と戦うシーンが流れましたが、建物を流れる水の表現に特に注目していました!ルミナスエンジンのレンダリング機能もマスターに向けて日々改善されていると思うので現段階の流体表現がどれほどのものかぜひ知りたいです!! お忙しいとは思いますが発表に向けて頑張って下さい!!

roxasyy
登録日:2016.07.20 14:22

記事と関係ありませんが、映画の興業収入1億突破おめでとうございます。自分ももう一回見に行こうかな。ニックスの色紙もほしいし。 あと試遊会応募させていただきました。いいお返事まってまーす。

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

FFXV開発チーム

18

2720/53bf808c87529c0d85c767933b794eea.jpg