宗志_

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 11692

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

#FFXIII-2 #素朴な疑問

カテゴリ:FFXIII-2

FFに限らずネーミングには何かしら由来があったりしますが

今日 ふと思い出した素朴な疑問なんですが

FFXIII-2のラスボスって
バハムート・レイシオ
バハムート・ペイシオ
バハムート・ウォロー
じゃないですか

アルティマニアΩによると 
それぞれがカイアスの理性、感情、意志 を司ってるらしいですが

ところで レイシオ、ペイシオ、ウォロー の言葉の意味を知ってる方はいらっしゃいますでしょうか?

一応、レイシオ(ratio)がラテン語で「理性」を意味することは分かったんですが
他の2つが同じ要領で出てこないんですよね

何かないかとヤフーでググったんですが
ウォローの意味だと
「イギリスで調教された競走馬および種牡馬」
としか出ないんですよね

もっと調べれば何か出てくるかもしれませんが
時間的に難しいですし…

XIII-2が出て7年経ちますが
今更ながら ふと気になりました

↑すみません
自分でスクショ撮ってもよかったんですが
時間的都合でyoutubeから拝借しました(汗)

2018.12.06 23:23

chibi-chocoboさん  マッキーさん  kirie-cosmosさん  ほか1人がいいね!

コメント:12件

最大400文字

コメントする

宗志_
登録日:2018.12.18 22:50

Saberhagenさん>ラテン語をしらみ潰しに調べていけばいつかは辿り着きそうですが、そこまで無理させたら申し訳ないですし 自分も無理っす(;^_^A こういうのに限って 忘れたころに何気ないことで判明しそうですよね

Saberhagen
登録日:2018.12.17 11:50

あとは「辞典」「ラテン語の哲学書」図書館で調べたらわかりそうなものだけれど 流石に そこまではやらない(判明した暁には 褒美として いくらか貰えるとかだったら そこそこ本気にところ) ウォローで検索すると VOLOではなくて 馬の名がでてきたのは もしかしたら 競馬場の世界では名馬なのかも? ペイシオは…「感情 ラテン語」「感情 tio」「ラテン語 tio」「ratio latin volo(主知主義関連のブログから 見つけられたりして?)」他と試したんですが 結果が英文だからと見落としてる可能性もあって…(レイシオに合わせてペイシオとアレンジされてるのだとしたら どう探しても見つからないはず)

宗志_
登録日:2018.12.16 23:18

Saberhagenさん>引き続いて調べて下さって有難うございます゚(=^▽^=)ラテン語で「Volo」=意志だったら間違いなさそうですね!しかしそれが検索してもすぐに出てこなかったというのが引っ掛かります… ペイシオについてはpassionに近いということで納得してますが、確実な根拠は無いですもんね^^; ヒントらしいものも残念ながら無いですし(汗) パッションの語感をレイシオに合わせたとか?(まさかの) ともあれ流石の調査力です☆

Saberhagen
登録日:2018.12.15 00:34

「情念=パッションは,語源的にはギリシア語のパトスpathos,ラテン語のパッシオpassioに由来し,元来,他から〈働きかけを受けること〉を意味し ...」 パッションて「情熱」という意味ではないのか? というところまでは調べたんですが レイシオみたいに「ペイシオとは 感情という意味である」という説明を 未だ見つけられず… なにか ヒントはありませんか?

Saberhagen
登録日:2018.12.14 00:36

数日かけて 試行錯誤した結果「英語のwillの語源ともなったラテン語のVolo(ウォロ)」という文字列を見つけました! これが本当だとしたら「wollow」というのが誤りで それでも「Volo ウォロ 意志」だから 造語ではないらしいということになりそうでしょうか? (追加すると このウォロの他に「voluntas」という ボランティアの語源?も見つけまして これが真実であるかどうかの裏付けまではとっていないんですが たぶん ウォロー=意志 でも良さそうな… あと ペイシオなんですが これは目下調査中)

宗志_
登録日:2018.12.09 23:42

Saberhagenさん> 確かに 英語圏ではjetらしいですね! 造語の可能性も十分ありますよね。それだとこの意見交換も無意味に…(;^_^A

Saberhagen
登録日:2018.12.09 21:30

「wollow latin」などと検索すると 英文章はでてくるんですが そうすると 意味がわからないし… さらに調べると「ウォローは 英語版ではjet?(何か見間違えてるかも知れないけれど) 造語の可能性もありそうですよね?

宗志_
登録日:2018.12.09 21:16

Saberhagenさんもペイシオ(感情)からパッションを連想されましたか! となるとそれが出てこなかった自分の英語力が知れて恥しいですね(つω⊂) スペルでは調べてみたんですよ~ それでも自分では満足いく解答は得られませんでした(T_T) 理性・感情・意志については「主知主義」とかいう心理・哲学用語?があるみたいですね。 確かに厨二心を擽られそうなワードですね(`・ω・´)

宗志_
登録日:2018.12.09 21:15

カルチョスさん> たまにはちょっとだけ古いFFをネタにしてみました(*´ω`) お~なるほど! 確かにpassionなら意味も通りますし、綴りも似ているので間違いなさそうですね! それとウォローが「~したい」という意味=「意志」というのも盲点でした! やはり分からないときは知恵を借りるに限りますね^^

Saberhagen
登録日:2018.12.07 10:40

そういえば「いしポケモン(多分 意思)」「ちしき」「かんじょう」どこかの地方にこんなポケモンが隠れているらしいのと バットマンという男が なんか光線を浴びたかして「頭でっかちなバットマン(よく言えば理性的)」「いわゆる脳筋みたいなバットマン(良くも悪くも感情的)」「普段の様子からはとても想像できないお気楽なバットマン(親と死別してなければ かの富豪も 普通の学生みたいな生活を送りたかった…?)」と3人に分かれた…という話もあって… 他にも「理性 感情 意思」がモチーフのものがありそうですよね?

Saberhagen
登録日:2018.12.07 10:31

レイシオが理性なら ペイシオも「○性」と推測するとして…(なんとなくペイシオ→パッションと連想はしたけれど) ウォローとは… FINALFANTASYXIII-2 Bahamut Hatio Bahamut Ratio Bahamut Wollow と スペルがこれで正しいのなら ここから調べてみては?(ただ なんかもうすでにベストアンサーでているようなきもしますが)

カルチョス
登録日:2018.12.07 01:16

こんばんは♪ おぉー!FF XIII-2懐かしいですねぇーー!!(*≧∀≦*) エクサフレアでゲームオーバーになった記憶が蘇りますw 自分も気になったので調べてみました。ペイシオは英語で言うところの passionじゃないでしょうか?ウォローはグーグル先生に聞いたところラテン語で「〜がしたい」=(英語のwillに相当)という意味から意志なのだと思いますー!

 
©2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

宗志_

11692

0056/ce64a862f1c95b42fc6cd891a4492309.jpg