M.A.K.

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1089075

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

M.A.K.がウォーリア オブ ライトの熱烈なファンである理由

カテゴリ:ディシディアFF

※このブログは全「ディシディア」タイトルに対応しています。



日本真言密教の祖・空海が

かつて「大日経」を手にしてもう一つの仏教「密教」を知り、

みちのくプロレスの重鎮・新崎人生が

かつて「最狂超プロレスファン烈伝」を手にして極楽浄土を見出したように、

「ディシディア」随一の「最狂」を求める私は

かつて「ディシディア ファイナルファンタジー」を手にして

己が内にある「狂気」の向けるべき先を見出すことができた……。


これ即ち、至上の幸福と云う言葉以外当てはまらないだろう。



……と、唐突の短文に「……?」と思われることでしょうが、

これは私自身の「喜び」そのものです。


それ故に、タイトル画面下部に表示されるクレジット内の年数が

「2015~2020(AC版)」「2018~2020(「ディシディアNT」)」に止まったことに対して、

2008年から「ディシディア」を求め続けている私は「悲しみ」を感じています。



さて、今回のブログはタイトルの通り、

私がいかにしてウォーリア オブ ライトのファンになったのかを少し語っていきます。


「ディシディア」が世に出る以前からFFシリーズに着手し続けている私は

基本的に主人公を好んでおり

(主人公候補の多いFF6ではロックを選んでいました)、

中でも自身でクラスと名前を決めるFF1の主人公4人には

思い入れが強かったものでした

(FF3もリメイク以前はFF1の時と同じ感覚でした)。


そんな中で2008年にPSP版「ディシディア」が世に出て、

ナンバリング1~10の主人公が

一つの世界に集うと云う衝撃を総身に感じましたが、

私はその中から迷いもなくウォーリア オブ ライトのファンになりました。

魅力的な主人公が揃っている中で

「主人公の中の主人公」と云うポジションに立つ存在感に惹かれましたね。


そして、タイトルにある「熱烈」がつくのには、それ以外にも

ウォーリア オブ ライトの担当声優が関俊彦さんであると云うことにあります。



私は基本的にアニメを見ることはなく、

始めから最終回まで見通したのは今までを通して10もないほど。

その中で「これだ!」と総身に感じ、

DVDもしくはBlu-rayを購入したのは3つしかありません。


その3つの中で「ロビンフッドの大冒険」(タツノコプロ、1990年)を最も気に入りとしています。

その際、メインキャラの担当声優は覚えておいています

(「主人公のロビンフッド(ロバート・ハンティングドン)=伊倉一恵さん」

「ヒロインのマリアン・ランカスター=松井菜桜子さん」と云った感じ)が、

そのメインキャラの1人「ギルバート」

(イングランド・ノッチンガム領の悪徳領主アルウィンに仕え、

ロビンと対立する青年騎士)は関さんが声を当てていたことも

覚えています。


それ故に、PSP版「ディシディア」の初期のキャラ情報にて

「ウォーリア オブ ライト(CV:関俊彦)」とあったのを見た時、

想像もつかない「偶然」に驚きを感じましたね。


そして、気に入りのアニメにてメインキャラを演じた声優が

「ディシディア」の主人公を演じると云う事実に

この上ない喜びを今でも感じています

(そのため、2018年に「御神体」を得られた際は本当に嬉しいものでした)。



2008年からウォーリア オブ ライトのファンとして今に至っていますが、

前述の「偶然」に感動しつつ

これから先もウォーリア オブ ライトのファンで生きていきたいですね。



蛇足:

  ちなみに「ロビンフッドの大冒険」の次に気に入りのアニメは

  「バジリスク~甲賀忍法帖」「バジリスク~桜花忍法帖」です。

2021.01.11 20:23

kirie-cosmosさん 

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

M.A.K.

1089075

1220/04835715cf38b05a8667a8ff060f0ba1.jpg