M.A.K.

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1089075

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

オリジナルクエストにまつわる思い出 Vol.5

カテゴリ:ディシディア デュオデシム FF

Vol.4にて「Score of Cosmos'」作成についての思い出を語り終え、

今回の「オリジナルクエストにまつわる思い出」は

「Name is...」の番外編として作成された4つのオリジナルクエストとなります。

これまでと違い、各タイトルごとに些細ながらも語っていきます。


1.「Sentiment」(コード:0000-1042-5406-3557)

    本来なら「Name is...」だけでFF1の物語を締めくくろうと思ったものの、

    「蛇足ながら後日譚として何か面白い物を作りたい」と云う想いから

    「Name is...」エントリーからおよそ1ヶ月後に作成したクエストです。

    基本的にギャグ系を作れない私でありながらも、

    コスモスサイド17人を違和感なく登場させ、

    それなりに安定した形で作り上げることができたことは今も覚えています。


2.「Foreigners」(コード:0000-1004-7077-4407)

    「Score of Cosmos'」を作成(時期的には第3話~第6話)する最中、

    友であるSaberhagen(セーブルヘーゲン)さんより

    彼のクエスト群「Gilgamesh' Track(ギルガメッシュ トラック)」(本編5作+α)と

    私の「Name is...」の「接点」を作成すると云うプロジェクトをいただき、

    作成したクエストです。


    セーブルヘーゲンさんの「ギルガメッシュエキストラ」を基盤とし、

    FF1(GBA版以降)の「いやしの水の洞窟」を舞台として組み込み、

    そして大幅な修正・加筆で以て作り上げることができたこのクエストは

    メンバーズサイトのオリジナルクエストのランキングにて

    ランクインされることが多く、私たちにとって本当に嬉しいものでしたね。


    今だから告白できることですが、

    当時多くのJ-POP、J-ROCKを聴いていたことによる影響か、

    大げさすぎる表現になりますが「Foreigners」を作成するにあたり、

    「背徳の瞳~Eyes of Venus~」を作り上げる「V2」の心境に達していました

    (クエストの終わりに表示される作成者クレジットはその影響の一つです)。


3.「Pray」(コード:0000-1030-5928-8235)

    クリスマスに相応しいものを作りたいと思い、

    2012年末に作成したクエストです。

    しかし、ただクエストを作るだけでは面白くなく、

    「相乗効果」を引き出したいと感じたことから

    「FINAL FANTASY VOCAL COLLECTIONS Ⅰ -PRAY-」収録曲である

    「Pray」の歌詞をイベントに導入しました。


    CDやYou Tubeなどで「Pray」を聴ける状態にし、

    BGMのない歌詞入りイベントに合わせて聴くことで

    「相乗効果」が成立できるこのクエストは

    私にとって思い入れが深いものと感じています。


4.「Fireworks」(コード:0000-1047-6915-9154)

    「Pray」作成以降およそ8ヶ月ぶりの新作。

    2013年8月1日にて地元の花火大会でネタが思いつき、

    作成のブランクに悩まされながらも

    自然と納得がいくものが作れたと感じたクエストです。


    このクエスト以降もいくつか作っていこうと思ったものの、

    ネタがまとまらないまま停滞してしまい、

    このクエストがM.A.K.の最後のクエストとなってしまいましたね……。



……と、「Name is...」、「Score of Cosmos'」、「Name is...」番外編と云った

計30種のクエストの作成にまつわる思い出を語り記していきましたが、

「あの時、よくここまで作ってきたものだ……」と

強く感じるようになりましたね。


また、「Name is...」はPSP版「ディシディア」の真の完結と云う形として

作り上げただけに、

かつて「ディシディアNT」のPSP版直結のストーリーを見て

悲鳴を上げそうになったことも思い出しました……

(冗談抜きで「うごぽー」と叫びそうになりましたね……)。



幸い(でもないか)「ディシディア」専用メモリースティックに

全てのクエストの原盤が残っているため、

時間に余裕がある時にじっくり見直して

あの時の思い出を再び噛みしめていきたいですね。

2020.06.17 20:55

Ar18さん 

コメント:10件

最大400文字

コメントする

M.A.K.
登録日:2020.06.23 18:41

(続き)「Name is...」は本当に 「「13回目の戦い」で物語が完結するのなら、 スクエニ側から物語の以降の書き加えはないだろうな……」と 感じながら作成したものであり、 始めから「PSP版「ディシディア」→FF1→「Name is...」」と 決めていたため、 並び替えも新たな繋ぎ合わせもできないものとなっています。 だからこそブログにもある通り、 冗談抜きで悲鳴を上げそうになってしまいましたね。

M.A.K.
登録日:2020.06.23 18:28

セーブルヘーゲンさん、コメントをありがとうございます。 FF零式のギルガメッシュは「ディシディア デュオデシム」では 4thフォーム扱いだったため、FF零式における本人の登場はなく、 フォームとしての登場の可能性が高いでしょうね。 「ギルガメッシュ」の名を持っているにしても、 FF11とFF15それぞれのギルガメッシュは 外見も内面も根本的にFF5とは違いますからね…… (FF11は義賊の集落「ノーグ」の頭領、 FF15は遥か過去より生きる初代「王の盾」)。 「刀を扱う」と云う点だけがせめてもの繋がりと云うべきか……。

Saberhagen
登録日:2020.06.23 04:40

ところで「Name is…」、当初は、「DDFFのその後」として制作されたのが、「DFF NT」登場してしまったわけですが、…「DDFF→ NT→Name is」と並べ替えるわけには、いかないですか?

Saberhagen
登録日:2020.06.23 04:37

ギルガメッシュは…DDFFには、「バッツと因縁があるギルガメッシュ」でしたが、NTには「零式のギルガメッシュ」「FFⅩⅤのギルガメッシュ」が出てくる、バッツじゃなくて「戦士の武器を奪う」のを優先させちゃうギルガメッシュが出てもよかったのでは?とは思ってはいたんですよ。 …FFⅩⅤのギルガメッシュだと、名はギルガメッシュでも、もうバッツとの因縁無くなるし、武器を奪うという性格や次元の狭間体質も無くなりそうですが…

M.A.K.
登録日:2020.06.21 23:19

セーブルヘーゲンさん、コメントをありがとうございます。 いつの刻かAC版&「ディシディアNT」の 新たな動きが実現され(私は本気で願っています)、 残るPSP版キャラが登場する際、 ギルガメッシュは間違いなくスピリタスサイドになりますね。 ネクロフォビアとの戦いの死後の状況かつ FF8、FF13-2での記憶も持った状態で登場するのは確かでしょうが、 ギルガメッシュ特有の体質(?)である「次元の狭間との繋がり」が 残り続けるかどうかは分からないところですね。 まあ、彼の場合は基本的にバッツとの戦いが最優先となりますがね (「ディシディア デュオデシム」では バッツが記憶無し状態&ギルガメッシュの体質が災いして お笑い結末になってしまいましたが……、 「ディシディアNT」でももしかしたら……)。

Saberhagen
登録日:2020.06.21 21:29

自分が創作する話が、「本編台無し系」で… そんなことより、とうとう(?)DFF(AC)にギルガメッシュ出ないことになってしまい、「もしマーテリアかスピリタスに喚ばれていたら?」…どうなったですかねェ?

M.A.K.
登録日:2020.06.21 19:39

(続き)もし、いやしの水の洞窟が存在せず、 本編が始まって間もない時期の橋の上が舞台となると、 FF1のオープニングイベントが台無しになってしまうため、 (私としては)クエスト作成は無理に等しいものになりますね。 序盤の唐突ではなく、ストーリーの中盤以降にて 「コーネリア北の大橋で謎の男が出没している」と云う噂話を聞き 大橋を訪れてみれば……と云う流れならば 本編ストーリーの妨げになることはありませんが、 クエストのストーリーは「Foreigners」よりも 薄いものになるのは確かでしたね。

M.A.K.
登録日:2020.06.21 19:07

セーブルヘーゲンさん、コメントをありがとうございます。 「Foreigners」は本当にGBA版以降 (GBAの次はPSPですよ。PSだと一つ前になってしまいます)の 大型追加要素「Soul of Chaos」がなければ実現不可能でしたからね……。 その上に私が「Name is...」に集中していたこと、 貴方が提案・依頼してくれたことが相まって 「Foreigners」は形あるものとして世に出すことが叶い、 貴方と友好を結ぶことができたことはいい思い出です。 もしも「Name is...」を世に出さず、 他ナンバリング基盤のクエストを出していたら、 ギルガメッシュとFF5以外の他ナンバリングとの接点を作ることは叶わず、 合作の実現不可能は目に見えていましたね。 中でもギルガメッシュが名前すら登場しないナンバリングが 舞台となってしまっては完全にお手上げものでした……。

Saberhagen
登録日:2020.06.21 15:13

(もし、水の洞窟が無かったら? その場合は、「神殿までぶわあ〜っと行って、ガーランドをドカッとやっつけて、橋をテキパキとつくってもらって「たんきゅうのたびは はじまった」→「その、完成したばかりの橋を渡ろうとしたら、なんと赤ずきんの戦士!→おまえらの武器を手に入れたら、1000本… さあ大人しく渡せ!→光の戦士が勝てば、強者と巡り合えた、よし、おまえについていこう→次元の狭間に飲み込まれる。豪傑が勝ったら、俺様の勝ちだ、約束通り、武器を貰おう→あーれー」…台本にない行動をさせても、「次元の狭間」で「無かったことに」できるからと、他の作品でも、橋にだったらむやみやたらと出せるのか…?(「エキストラ」には、ガーランドも出したかったので、洞窟を舞台に、時系列も、クエストに合わせて「クリア後」にしたわけでした)

Saberhagen
登録日:2020.06.21 15:02

「FF1+2(GBA PS)が発売された」「DDFFにギルガメッシュ現れて、オリジナルクエスト」もあった」「ギルガメッシュが、Ⅷ以降、いろんな作品に出て、1にも現れた」…などの偶然もないと、「エキストラ」はつくらなかったかも… 「戦う理由」は、「洞窟を荒らすギルガメッシュ退治のため」で良いとして…「言い回しとか、話口調は、どうする?」を考えるのは大変で、…これは、アレか? 餅は餅屋といって、「すでに、ウォーリアオブライトの話をつくってきた人に任せたほうが、手っ取り早い?」あとは「M.A.K.さんは、ギルガメッシュをどう扱うのか?」… でも、もし、「M.A.K.さんが「フリオニール」「セシル」「ティーダ」「カオスの戦士」だったら、合作は提案しなかったかも?(例外はクラウドは。彼も、いろんな作品に登場する人だから…)

 
©2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

M.A.K.

1089075

1220/04835715cf38b05a8667a8ff060f0ba1.jpg