M.A.K.

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1089075

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

些細な1ページ…… 「31313」

カテゴリ:ディシディアFF NT

今回のブログのサブタイトルを見て「……?」のみならず

「なんで数字だけ……?」と疑問を抱くことになるのでしょうが、

これは、私が「ディシディアNT」の

オフライン・サモンズラッシュ(ノーマル)で達したポイントです。


「ディシディアNT」をプレイしている方々ならご存知の通り、

サモンズラッシュと云えば7体の召喚獣との連戦バトル

(とは云え1バトルを終えるごとに相手を選ぶことはできる。

また、戦績ポイントが高ければ神竜と戦う権利を得られる)であり、

かつては「安全かつ手堅く」と考えてアルティミシアをメインに使い、

ポイントはノーマルで27500ほど、ハードで29000ほどまで達して

それぞれBGM(ノーマル)、称号(ハード)を獲得、

それ以降は長く着手することはありませんでした。


しかし、最近になってウォーリア オブ ライトのシールドオブライトを

利用した戦法を見出してからは

(とは云え、もしかしたら既に私よりも前にこの戦法を見出した方がいるかも……)

「ウォーリア オブ ライトでサモンズラッシュの記録を塗り替えよう……!」と

意欲が高まり、

パーティはウォーリア オブ ライト、バッツ、ティナとして挑むことにしました。



・バッツのHP攻撃はナイト、ティナのHP攻撃はライオットソードにする

 (メンバーがHP攻撃を繰り出し、ヒットしてしまうと、

  その分HP攻撃によるポイントを稼げなくなるため)


・汎用EXスキルはマイティストライク&シールドブレイクorHPリジェネを主軸とし、

 使える状況は的確に使っていく


・召喚獣のブレイブ攻撃は可能な限りシールドオブライトで防ぎ、

 強化されたレディアントブレードとレディアントソードをメインに繰り出していく

 (シールドオブライトはリフレッシュにより溜め押しで

  2秒間ほど光の盾を発動できるため、攻撃の予兆を把握して防ぎやすくなった)


・1戦ごとの勝利時のポイントは「2000以上×1.8」を獲得するようにしていく

 (戦闘時間を短く、汎用EXスキルを活用する、戦闘不能は1回もなしにすることで

  2000ポイント以上にすることも可能。

  神竜と戦う権利を得るためには7戦終えた時点で

  ポイントは少なくとも24000ほど欲しいため、

  7戦中6戦は「2000以上×1.8」が欲しいところ)


以上のポイントを重視しつつ、戦いのリズムを探ることに

2週間ほどかかりましたが、

昨日のプレイにてシヴァ以外は1回も戦闘不能することなくクリアし

(シヴァの後半戦の同タイミングHP攻撃は思うように対処できず

戦闘不能なしで勝てませんでした……)、

神竜(第1戦)では2回戦闘不能に陥ったものの

ヒット&アウェイ+レディアントブレードで辛うじて撃破、

神竜(第2戦)ではシールドオブライトでブレイブ攻撃を可能な限り、

強化されたレディアントソードでスタン状態まで削っていくことで

久々に勝利することができました。


そして、召喚獣バトル7戦+神竜戦を経た総ポイントは

サブタイトルの数字「31313」となり、

戦績(プレイヤー:オフライン)のサモンズラッシュ・ノーマルの表示パーティは

これまでの

「アルティミシア、フリオニール(当時はリフレッシュ前))、バッツ」から

「ウォーリア オブ ライト、バッツ、ティナ」に変わったことで

私自身は「やり遂げた……」と感じ入りました。



とは云え、今回の一件はAC版、「ディシディアNT」全体で見れば些細なこと。

まだ終えていない目標も多々あるため、

それらをどうこなしていくのかに悩む日々ですね。



追記:10月19日

     サモンズラッシュの最高得点報酬は

     ノーマルはBGM、ハードは称号であることを思い出し、

     急遽訂正しました。

     思わぬ誤記をお詫びいたします。

2019.10.17 20:11

Saberhagenさん  宗志_さん  ノラねこさん  ほか2人がいいね!

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

M.A.K.

1089075

1220/04835715cf38b05a8667a8ff060f0ba1.jpg