夜刀神&天照

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 540924

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

自分が勝ちを意識するまで2

カテゴリ:日常


続きです。で、意識が変わった要因としては以下の通り。


1.オンライン対戦による思考のレベルアップ

今までがリアルエンジョイツールでしかなかった以上、必要以上に勝つことを求めなくていいわけで。そもそもリアルでしょっちゅう対戦できるとは限りませんからね。(遊戯王は特にそうでした)

ところが簡単に様々なプレイヤーと対戦することができるようになったら、そうはいきません。対戦のパターン自体が膨大ですし、カードゲームの場合はデッキを組む必要もある。勝つための方法をさぐる必要が出てきます。

幸い初期のLoVは皆が初心者、それに加えてストーリーを含めたチュートリアルが充実していたこともあって、勝つための最低限度の知識は習得できたので、勝敗はともかく多少まともな試合が早々にできるようになってました。(そのためこの時のモチベは結構高かったです)



2.動画や他のプレイヤーのアドバイス

いくらストーリーや自身の対戦経験で学べると言っても限度はあります。「ミスしたことはわかるが、どうすればいいかわからない」なんてのはよく起こりました。攻略本はあっても、対戦ゲームはそれだけじゃ足りないこともありますし。

そんな時に役に立ったのがランカー動画。今までネットで攻略を見ることが少なかった自分には革新的でした。「自分と同じミスをランカーもしたが、同ランカーはこうして対処した」という点が見てわかるのです。ランカーがした対処は自分が真似することも可能なことも多く、プレイスキルの向上につながりました。

また同じゲーセンのプレイヤーやSNSでのやりとりも大きいです。早いレスポンスで大量の情報をやり取りできるため、早期のスキルアップも含め、結果的にモチベーションのアップにもつながりました。




上記のようなことを経て、自分の意識は一部ガチ勢よりになりましたね。ただこれはモチベが続いたからそうなっただけとも言えます。つまりゲームを楽しみつつ、いずれ勝てるようになって、そこから勝つことを意識するのが「自然になった」。この流れができたからこそ、一部存在するガチ勢としての意識があるのだと思います。

またLoVに限らず「あまり使われないキャラ」を使うのが実は好きですが、それを使って勝つための基本的な思考ルーチン及び方法を構築できたのも、結果として大きいです。これのおかげである程度適当なデッキでも勝てるようになりましたし。


他にも書ける話はあるでしょうが、自分の場合はこんな感じですね。こういうことを改めて考えたら色々なプレイヤーの考えを理解できるようになる、と思いたい。


これからも勝つことを意識しつつも、様々なデッキで楽しみたいと思います。

というわけで今回はオワリ。ノシ




2018.04.12 22:06

  • コメント0 件
  • いいね!0 件

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

夜刀神&天照

540924

0672/cb7b71f59e09b97d6d248280b9ccf421.jpg