天命竜胆

  • ともだち申請
  • アバターギャラリー
  • メッセージ送信

会員番号

  • 2737795

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

天命竜胆さんのブログ

食にまつわる一冊 妖怪アパートの幽雅な食卓【るり子さんの料理日記】 香月日輪作全10巻刊行された妖怪アパートの幽雅な日常に登場する寿荘で住民たちに料理を振るまう腕だけの賄い婦るり子さんが書き溜めた料理日記と日々の献立から選りすぐった一品のレシピが掲載された妖怪アパートの幽雅...

続きを読む

第6章:知られたく無かった真実
ー久しぶりだな...イージス=プロンプト。
「!?」
黒服の男、臨戦態勢に入った三人を制して俺は前に出た。
ーまさか紅蓮の子らを護衛役につけていたとはね...驚きだよイージス君。
「き、貴様っ!?」
蒼白い閃光が男に襲い掛かる。
ーイタカの雷...

続きを読む

今日の裏話はアルギアの街でイージス=プロンプトと名乗る諏訪瀬八雲が読書好きな理由を。 八雲君が読書好きになったのは小学校高学年から、市立図書館で狂ったように本を借りては読むを繰り返す八雲を心配した姉の杏珠(あんじゅ)がこっそり八雲の部屋に忍び込んでは借りてきた本のタイトルを...

続きを読む

第5章:引き金の戦略と信頼のゲーム
朝、掘っ立て小屋で朝を迎えた俺は身体の痛みに顔をしかめた。簡易のベッドだ...寝心地の悪さは仕方ない。
「...。」
腹の上に置いたブックカバーに包まれた本をみずぼらしい机に置くと、今の自分は小説の登場人物に例えると誰だろう?と考える。
...

続きを読む

さっき更新したDarkest before Dawn章の数書き間違えた!駄目猫さんのコメント見て慌てて修正、すぐ気づけて良かった! 見てた人達混乱しちゃったらごめんね!!あと駄目猫さん気づいてくれてありがと!!!
あ~助かったぁ・・・。

続きを読む

第4章:紅蓮の隻眼/紺碧の隻眼
ーあの騒ぎは君だったのか?
青髪の青年が尋ねた、俺は目を伏せたまま...。
「あぁ・・・、正当防衛だろう?あんたのお仲間達だったら謝る必要があるけど・・・仲間なのか?」
ーいいや、だが...その体格を見る限りあの巨体を投げ倒せるほどの力は無さ...

続きを読む

裏話第三弾です、前回の裏話で疑問に思われた方がコメントで質問してくださったことの答えを。 八雲君の体格についてなんですが、とても巨体を投げ倒せるほどの体格では無いのです。華奢なモデル体型と言った方がよかったでしょうか?合気道は相手の呼吸に合わせて力の向きを変えていなす武道で...

続きを読む

どうも!裏話第二弾はイージスこと諏訪瀬八雲君について詳しく掘り下げてみたいと思います!!
諏訪瀬八雲は年齢17歳、高校三年生ですね。身長は189㎝ 血液型はA型で読書とLord Of Vermilionが趣味。特技は合気道やジークンドーと言った武道全般、アルギアの街ではこ...

続きを読む

第3章:賽は投げられた
(あぁ...やっちまった・・・。)
その場をそそくさと離れた俺は、自分のした事に戦慄した...これじゃあ開け放たれた紅蓮の扉の絵探しに支障が出てくるだろう。
「あ...」
にゃあと野良猫が鳴いた、喉を撫でてやるとごろごろと喉をならした。
「...可愛...

続きを読む

Darkest before Dawn二話連続掲載しました! 二話連続掲載、余裕あったな私。
 ここではそんなDarkest before Dawn略称DBDの裏話を。
 パルクールで高所から高所へと飛び移り軒先の鉄格子にぶら下がって屈強な盗賊団の荒くれどもを合気道で地面に...

続きを読む

1 2 3
 
©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

天命竜胆

2737795

2869/89e826a354b30739157aa282740e82e3.jpg