FFXV開発チーム

About this blog

ファイナルファンタジーXV
開発・宣伝スタッフによる
公式ブログです。
不定期で更新します。

全ての質問にはお答え出来ませんが
いただいたコメントは
全て目を通しております!

本ブログへコメント・いいねを
するにはスクエニ メンバーズ
のログインが必要です。
また、ともだち登録をすると
自身のマイページへ
更新のお知らせが届きます。

About this blog

  • フォーラム過去ログ
  • 公式twitter @FFXVJP
  • 公式instagram ffxvofficial

記事詳細

FFXV開発スタッフインタビュー!コンセプトアーティスト モンスター担当橋さん

カテゴリ:FFXVタジーによる記事

こんにちはタジーです!
いつもコメント&いいねありがとうございます!



本日の開発スタッフインタビューはコンセプトアーティストモンスター担当橋ちひろ(ハシチヒロ)さんです!

それではインタビュー、スタート!

 
〇タジー(以下タ)
「橋さん、よろしくお願います。」

 
※橋さん ペンを一心に見続ける理由は不明


業務内容

●橋さん(以下橋)
「どうも、モンスター橋です!

〇タ
「橋さん、開発の一部でその呼ばれ方されてますよね!笑
プロレスラーみたいでかっこいい!笑」

●橋
「改めまして、アートデザイナーです。
アートデザイナーはゲーム内のキャラクター、道具、背景、モンスターなど全てのものの設計図になるようなものを絵で描くという仕事です。
私はその中でもモンスターデザインを担当しています。」

〇タ
「急にまじめに!笑
橋さんは動物が好きだとどこかで聞いたことがあったのですが、
今のモンスターを描くという仕事もそこが軸になっているのでしょうか?」

●橋
「そうですね。元々動物や伝説の生き物が好き、そしてゲームが好きというところから、
ゲームの中の動物とかモンスター描けたら最高じゃんと思って会社に入りました。


最高ですよね?




〇タ
「さ、最高…です。」

●橋
「今完全に言わせる感じになってたけど…大丈夫でしょうか?」




デザインの仕方

〇タ
「大丈夫です笑
本当に好きなことを突き詰めて仕事にするのってすごく最高だと思います!
業務内容もまさにモンスターのアートを作成されていますし!
FFXVで担当されたモンスター、チョコボ、カトブレパス、グリフォ…他にもいると思いますが、いずれも今までのシリーズのデザインとは異なる部分がありますよね。
FFXVでのモンスターデザインはどのように決めているんですか?」

 
※橋さんがデザインしたカトブレパス

●橋
「FFXVの世界はとてもリアルなので、現実に生きていてもおかしくないくらい
生態や骨格を生き物としての存在を突き詰めて一体一体をデザインしています。」

〇タ
「生き物としての存在を突き詰めるデザイン…どのようなデザインをしているのでしょうか?」

●橋
「例えば過去のトレーラーにも出ているカトブレパスだったら、元ネタ自体は過去のFFのデザインを参考にしているんですけど、
FFVXの世界の中では例えば、あの世界の中で、普段どんな生活をしているのか。というところからスタートし、水の中の植物を食べているので長い首を下げた形状に進化しているデザインにしよう。と言った具合です。」

カトブレパスが登場するトレーラー

〇タ
「面白いです!
ノクトたちが関わっていない、画面に映っていないときのモンスターたちの生活からデザインしている…」

●橋
「モンスターたちもFFXV世界を生きていますからね。
あの長い首を支える為にどういう筋肉構造とどういう骨格が必要なのかというとこまで考えて、一旦描いてみてデザインをしています。」

 
※カトブレパスの骨格

〇タ
「見た目だけでなく、その内部までデザインするんですね。生物学的な知識も必要になりそうです。
こういう内部構造までデザインするのがアートチームの仕事なのでしょうか?
それとも橋さん独自の描き方なんでしょうか?」

●橋
「色々なデザインの仕方をする人がいると思うので一概には言えませんが、FFXVはすごくリアルなゲームだから、その世界に合ったリアルなものを作ろうとすれば自ずと内部構造からデザインすることになると思います。
例えば、建物をゲーム内でリアルに表現するには建築構造を考えると思うんです。」

〇タ
「柱や壁の数や重量とかでしょうか?」

●橋
「はい、建物と同じようにモンスターも設計しているということです。」

〇タ
「では、モンスターの内部構造をデザインすることはアートをFFXVの世界では必要なことなんですね。」

●橋
「モンスターはこの世界に存在しない生き物だからしっかり考えることが大切です。既存の生き物を参考にしながらも独自のモンスターをデザインしています。」

          
※橋さんがデザインする際にイメージを膨らませる為に描いたアート

〇タ
「アートデザイナー、奥が深いお仕事ですね。」

●橋
「タジーさん、なんだかもうしめそうな雰囲気ですけど、まだ終わりじゃないですよ笑」

〇タ
「え?」





モンスターの作成はチームプレイ?

●橋
「むしろここからがモンスター作成のスタートなんです。
モンスターを1体作るには、3Dモデリング、質感、動き、プレイヤーとの関わり方などをそれぞれの仕事をしている人たちとやりとりしながら詰めていくことが必要になります。
なので、私の描いたアートはスタート地点で、完成した設計図ではないんです。

〇タ
「なんすかそれ!かっこいいです!」

●橋
「かっこいい?スタート地点なんです!完成した設計図ではないんです

〇タ
「笑
スタート地点であるアート作成の後、他の職種の方とはどのようなやりとりを?」

●橋
「より生き物として感じられるように他の職種の人たちと話し合いながら筋肉や毛並の質感、動きを作ってもらいます。」
 
※橋さんが作成したアートと完成したゲームのデータ

〇タ
「ああじゃない、こうじゃない。こっちのほうがいいですね!…みたいな?」

●橋
「そうですね。そういうときもあるし、逆にこういう質感なんじゃないの?と教えてもらうこともあります。
モンスターアートの作成はチームプレイなんです。」

〇タ
「アートデザイナーの仕事はチームプレイ。そしてゲーム内に反映させるまで続くんですね。」






資料収集の方法

〇タ
「デザインする上での苦労話とかありますか?」

●橋
「モンスターをデザインするための資料が欲しくて良く動物園に行くんですけど、
馬の尻尾の生え際とか、カバのしゃがんだときの後ろ足の筋肉の動きとかを観るために目当ての動物の前に何時間もいたりします。フンをする瞬間とかはお、こうやって…とわくわくしますね。変質者扱いされてるかもしれませんが…。」

〇タ
「動物がフンをする瞬間に1番目がキラキラしている人がいたら確かに不思議に思う気持ちを通り越すかもしれませんね笑」

〇タ
「それでは最後に一言お願いします。」





コメント

●橋
「入社以来、様々なゲームを作りながらFFXVに長い間関わってきたので、いよいよ皆さんに遊んでもらえるというのは感慨もひとしおです。
FFXVはモンスターも主役に負けないぐらい素晴らしいゲームです。
そんなモンスターたちもFFXVの世界で生活しているんだなーと注目しながら遊んでいただければと思います!
これを機にモンスターを描きたいと思う人が増えるといいなぁと思っています。」






橋さん、ありがとうございました!



コメント&いいね合わせてあと56件でタジーがレベルアップ!
現在… 

皆さん、応援よろしくお願いします!

発信先の SNS
twitter
facebook

2016.11.08 22:22

トカゲの尻尾さん  komedaさん  taginstさん  ほか63人がいいね!

コメント:10件

最大400文字

コメントする

Rq_pquad
登録日:2016.11.09 22:03

スタッフさんコメント見てますか? 発売前最後の質問です。このゲームのフィールドは全てシームレスに繋がっていますか? お願いです、お答え下さい。

ゲーム攻略マン
登録日:2016.11.09 13:27

動物好きによるその観察力、凄くわかります!ワクワクしますね! でもこれからは開発の一部で、「ク○橋さん」とか呼ばれると鬱になりそうですね(^^;) そこは生暖かく見守って上げるといいんじゃないかなぁと(笑)

たかぽん
登録日:2016.11.09 13:03

お疲れ様です!モンスターかなり迫力あってかっこいいです。トレラーを見てても思いますが、こんなんとやり合うんか・・・と思いますしw肌の質感や毛並みもそうですが、動きが本当にリアルで中身から作っている話しを聞くと納得です。ゲームで色んなモンスターに出会えるのがとても楽しみです^ ^

hiroaki1192
登録日:2016.11.09 12:51

モンスターデザインに関するお話とても興味深いですね。鳥好きの自分としてはチョコボに関するデザインは特に興味深いものがあります。機会があれば泳げるチョコボには野鳥の様に羽根に油を塗るのか?とか詳しく伺ってみたいものですね♪

marezou
登録日:2016.11.09 12:46

モンスター、本当にかっこよくて大好きです! 早く本編でも生きたかれらに会いたいですー! ですが戦闘になってしまうとまじまじ観察できないのが残念ですw当たり前なんですがw なのでぜひモンスターに限らず、アルティマニアなどが出るときにはアートデザイナーのみなさんが拘った細部まで!載せてくれることを期待してます!!

カルチョス
登録日:2016.11.09 01:57

タジーさんこんばんは〜♪( ´ ▽ ` )ノ なるほど!なるほど!モンスターを描くのであれば、実際の動物の骨格や動きなど意識して描く必要があるのですね。人物や風景画、オブジェクトはずっと描いてきましたが、モンスターはあまり描いてこなかったので大変参考になりました!レポートありがとうございます٩( ᐛ )و 自分はカトブレパスやワニのモンスターの皮膚のテカり具合をゲーム内でよく観察しようと思います!

みかん
登録日:2016.11.08 23:40

タジーさんお疲れ様です! 橋さん!!モンスター好きな私としては、内部骨格のイラストじろじろ見てしまいました(笑)骨格に詳しい訳じゃないけど、幼い頃恐竜図鑑が好きで、ブラキオの骨格〜だとかトリケラの頭の骨は〜だとかも見てましたので、おほっ!!と、テンション上がりましたw 私は素人の落書きレベルですが、オリジナルモンスター考えて遊ぶの好きなので、動きを観察する、とかは少しわかるかもしれません(笑)

十六夜【D・D】
登録日:2016.11.08 22:58

タジーさん、橋さん、お疲れ様です‼とても興味深い内容でわくわくしてまっす(笑) 生物(モンスター等々)を描く上でイメージのみではなく筋肉構造及び骨格、又は動き(習性)等、何故必要なのかというとこまで考えているんですね❗そして橋さんの設計図(イメージイラスト図)からチーム皆で完成させてゆく♪凄くロマンを感じますです(*´ω`*)もふもふ 本編で生物をじっくり観察したりするのは楽しくなりそうですww 楽しみに待ってます‼

zacknoct
登録日:2016.11.08 22:51

ブログ更新お疲れ様です!橋さんの描くモンスターが生き生きとFFXVの世界の中で生息している姿を見るのもお楽しみ要素の1つです‼本編は勿論、DLCでも橋さんに期待しています‼頑張ってくださいませ‼

t.i
登録日:2016.11.08 22:47

自分はここでは悪態ついてばっかだけどモンスターのデザインは本当に良いと思っています、下村さんの音楽も。あと少しで発売ですね、10年待って、紆余曲折あり過ぎて、自分のこの作品に対する思いも大分歪んでしまった気がします。本当に買ってよかったと思えるゲームになってて欲しいです。

 
©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

FFXV開発チーム

18

2720/53bf808c87529c0d85c767933b794eea.jpg