m.a.k.

  • ともだち申請
  • メッセージ送信

会員番号

  • 1089075

アクセスカウンター

  • 本日:--
  • 総計:--

記事詳細

見事なまでの密度の濃さ……!

カテゴリ:ディシディアFF NT

一昨日から「ディシディアNT」に着手し、2日経過した中で、

私事ながら云える範囲で感想を述べていきたいと思います。


・オンラインについて

  「ディシディアNT」は予想に違わず密度が濃く、何から何まですぐに触れていこうとすれば

  混乱を招いてしまいます。

  また、私はまだオンラインに着手していません。

  オンラインに踏み込めば限りのない楽しみを得られますが、

  しばらくはオフラインで自身を磨き、後々にオンラインに着手していく予定です。


・オフライン「ラッシュバトル」

  プレイヤーレベルとキャラクターレベル上げをはじめ、

  メモリア入手、トレジャークリスタル入手などでお世話になる生命線の一つ。

  ラッシュバトルはスクエニカフェ オオサカでも体験しましたが、エネミーCOMの精度が非常に高いですね。

  現時点ではプラチナクラス相手が関の山であり、なかなかポイント更新がはかどりませんね……。

  ラッシュバトルの称号を入手するにはクリスタルクラス相手に連戦連勝し、

  バトルの評価をできるだけ高めなければならないため、

  それを果たせるまでどれほどの刻を必要とするのだろうか……。


・召喚獣バトル

  ストーリーモードにて召喚獣バトルに手を触れることになりましたが(現時点では2種のみ)、

  (現在の私から見れば)はっきり云って拷問レベルでした。

  召喚獣の行動パターンを理解しなければ、あっさり倒されてしまうため、

  気を抜くことは全くできませんね。


・ストーリー

  ストーリーに関してはネタバレ防止のためにほとんど語れませんが、「面白い!」とだけは断言します。

  ちなみに、PSP版のストーリーを全て知っている私は、

  「ふむふむ……なるほど……」と感じ入るばかりですね……。


・これからの「ディシディアNT」に対して……

  私は「ディシディアNT」をメイン、AC版「ディシディア」をサブとしてプレイしていますが、

  両者のバージョンアップ、新キャラクター追加には強い期待を抱いています。

  どちらも密度が濃くなれば濃くなるほど、手放すことはできないことは確かですが。

  長い刻をかけてバージョンアップが完遂され、それらを総身で以て感じ入った時、

  誰もが「真の感動」を得ることができるでしょう。


私自身も「真の感動」を手にするまで、どんなに刻を重ねようとも

「ディシディア」とともに突き進んでいきます。

言葉長めになりましたが、以上を以て感想とします。

2018.01.13 13:34

迷い猫さん  宗志_さん  Ar18さん  ほか1人がいいね!

コメント:0件

最大400文字

コメントする

 
©2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.SQUARE ENIX

m.a.k.

1089075

1220/04835715cf38b05a8667a8ff060f0ba1.jpg